ギャップ効果はポイントアップ

恋愛においてギャップ効果があると、好感度がアップするというのはよくある話です。
いつも落ち着いている寡黙な人と話をしてみたら実は面白くてお茶目な人だったとき、そのギャップに萌えるかもしれません。
また、クールで料理なんてしない印象の人から自宅に誘われてお邪魔したら、綺麗に整頓された部屋で手料理を沢山用意されていたりすると、ぐっと好印象になるのではないでしょうか。
第一印象で持っていたイメージと第二印象のイメージが大きく変わるとき、ギャップ効果のおかげて今まで関心がなかった人でも一気に興味を持つきっかけになります。

職場や学校などで日常的に会う人であれば第二印象との違いでギャップを感じるチャンスはありますが、出会いアプリで出会った人にはギャップ効果などはないと考える人も多いかもしれません。
プロフィールの写真でスリムな美女に見えたのに本当はポッチャリな女性だったり、パッチリ二重の写真だったけど実際に会ったら細い目の人だったり、良い方のギャップではなく悪いほうのギャップになってしまう可能性があることも不安要素になるのではないでしょうか。

しかし、出会いアプリ上ではいきなり相手と会うことはありません。
メールでコミュニケーションをとりながら、本当に会いたいと思えた人だけと実際に会うように出来るのです。
気の合う相手とお互いに内面を知って、この人となら関係を進展させられると思えば、実際に会って話をするようになるでしょう。
そこで、「プロフィールの写真はたまたま写りがいいから、実際に会ったらがっかりするかも」と敢えて伝えてみるのもひとつの方法です。
それでも会いたいと相手が言ってくれれば、容姿だけではなく内面もしっかり見てくれているという証拠になるのではないでしょうか。

実際に待ち合わせをして顔を合わせた瞬間、そこが第二印象のギャップの見せ場です。
写真と多少違っていても、お互いの内面をしっかり見ている者同士であれば、悪い方のギャップになることは決してないはずです。